おはようございます。けいです。

ゴールデンウィークも後半に入ってしまいましたね(ノ∀`)
サラリーマンの休日は本当にすぐに終わってしまいます…

さてタイトルの件、今年の4月から米国株をはじめているのですが、
不調だった銘柄をご紹介します(ノ∀`)
不調だった主な銘柄

・AT&T 【T】
  世界最大級の通信持株会社で、ベライゾンと双璧。
 直近は5%を超える配当を出している、高配当株の代表格です。

→4月度の配当権利取りを行いましたが、
 1~3月度の決算が売上高・利益ともに予想を下回り、大幅に下落してしまいました。
 配当利回りが高く、大崩れする事業でも無いので、
 インカムゲイン狙いでホールドしていこうと思います。


・プロクター&ギャンブル 【PG】
  ファブリーズ、アリエール、レノアなどで日本でもおなじみ、
  日用品世界最大手。60年以上の連続増配を行っている、優良株です。
→4月度の配当権利取りを行いましたが、
 1~3月度の決算が売上高・利益ともに予想を下回り、大幅に下落してしまいました。
 購入時に5年チャートを見ると底値付近だったこともあり、
 底堅い動きを期待していたのですが…(ノ∀`)
 競争の激化がリスクですが、生活必需品自体の需要は今後も増加していきますので、
 こちらもホールドしていこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ