こんばんは。けいです。

昨年12月に政府が過度な返礼品を禁止する方針を示したことで話題になった
「ふるさと納税」、2019年に入ってからはギフト券などの返礼品を出す自治体が
なくなってしまいました。

使い勝手のよい返礼品がなくなってしまったのは残念ですが、
やはり地場産業の返礼品をもらったほうが制度の目的合っているので仕方がないですね。

まあ私のような庶民からすれば、生活必需品をいただけるのであれば
特に問題無いので、制度を続けていってもらえると嬉しいです。

今日は、日本人にとって必需品である、「お米」をもらえる自治体を調査しました。
2019年6月以降は、さらに返礼品の基準が厳しくなるそうなので、
6月までには寄付をすませておきたいところです。

(1)大阪府 泉佐野市 10,000円 お米15kg




(2)岡山県  笠岡市 10,000円 お米15kg





(3)北海道 東川町 30,000円 お米30kg +お水24リットル




(4)長野県 駒ヶ根市 5000円 お米5kg



ざっと調べてみたところ、10,000円の寄付で15kgのお米がもらえる
泉佐野市笠岡市が最もコスパが良さそうですね。

とはいえ、お米の名産地のイメージが強い北海道東川町長野県駒ヶ根市
はkgあたりの単価が高そうなので、高還元率になりそうです。

市販のセール品が10kg=3,000円ぐらいで売られていることを考えると、
実質負担2,000円でこれだけのお米をもらえるふるさと納税は素晴らしいですね(`・ω・´)

寄付上限が私の何倍もあるお金持ちが羨ましいです…(´・ω・`)


スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ